お知らせ

梶井基次郎が松阪で滞在した家を公開

近代日本文学の小説家、梶井基次郎が病気療養のため一時期滞在した家が殿町、松燈庵のすぐそばにあり、その時に松阪を舞台にした作品「城のある町にて」という短編を書き上げ、代表作の「檸檬」とともに彼の文才を評価される作品となりました。 小説の中で、松坂城跡から眺める市内の風景が詩情豊かに描写されていて、大正時代の松阪は、ゆったりとした時間の流れを感じる風情ある町だったことを感じられます。 今週、この由緒ある家が、18日日曜日までの午後1時から5時まで特別に中へ無料で入ることができますので、この機会に一度見学して当時を体感してください!
写真: 近代日本文学の小説家、梶井基次郎が病気療養のため一時期滞在した家が殿町、松燈庵のすぐそばにあり、その時に松阪を舞台にした作品「城のある町にて」という短編を書き上げ、代表作の「檸檬」とともに彼の文才を評価される作品となりました。<br /><br />
小説の中で、松坂城跡から眺める市内の風景が詩情豊かに描写されていて、大正時代の松阪は、ゆったりとした時間の流れを感じる風情ある町だったことを感じられます。</p><br />
<p>今週、この由緒ある家が、18日日曜日までの午後1時から5時まで特別に中へ無料で入ることができますので、この機会に一度見学して当時を体感してください!
二階の書斎は、当時を再現しています!
まさかのまつさかさんの写真
 二階の窓から松阪城跡の石垣が見えます!(^^)!
まさかのまつさかさんの写真