お知らせ

初午大祭のにぎわい

平成25年の岡寺山継松寺の初午大祭が、3月4日から3日間行われお天気に恵まれ、参拝する方でにぎわいました。

松阪初午大祭は、松阪に春をつげる厄除けのお祭りで3月の最初の午の日と前後3日間「岡寺山 継松寺」でおこなわれて県内から大勢のお参りがあります。
厄除けの大祭が行われる由来は、聖武天皇42歳の厄年の際に、継松寺のご本尊の「如意輪観世音菩薩」を宮中にお奉りし祈願した後、再び松阪に戻して安置したことから厄除け観音として地域に定着したということです。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

初午でのお土産は、猿はじきに、ねじりおこしですね!

画像(320x240)・拡大画像(640x480)