お知らせ

立春大吉お茶会

古来は、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」ですので、旧暦では一年のはじまりは立春からと考えられていました。
この日に裏から見ても、表から見ても左右対称の「立春大吉」という「四文字熟語」を、半紙に縦書きに墨で書き玄関に貼っておくと一年間災難にあわないとい言われています。日本人の知恵ですね。
2月10日の御城番屋敷のお茶会で、たくさん書いていただきました(^o^)

たくさんの「立春大吉」書いていただきありがとうございました!