国分家・竹川家

国分家・竹川家


松阪市射和町(いざわちょう)は櫛田川の流れに沿って古い町があり、両郡橋を渡ると多気町相可です。この界隈の繁栄は、室町時代から明治初期頃までと長い歴史を持ったところです。

両郡橋の射和町の交差点の所には、食品会社で知られている「国分家」その前には射和文庫をつくった竹川竹斎の「竹川家」と古くからの家があります。

国分家は醤油醸造場を土浦市に設け、江戸日本橋本町に店を構えて屋号を「大国屋」と称しました。「亀甲大」印の醤油として評判が良かったようで、銘柄「むらさき」は高級醤油として有名になり、今でも料亭や寿司屋でしょうゆを「むらさき」と呼ばれています。

竹川竹斎翁は、書籍1万巻・古書画・古物等を集めて開いたのが「射和文庫書院」です。また地場産業として射和萬古・お茶・桑の生産も始めました。竹斎翁は、裏千家や勝海舟と親交があり「海防護国論」や「護国後論」を著しています。

櫛田川の上流の丹生で採れた丹砂(水銀鉱石)を加工して造る軽粉(伊勢白粉)によって中世以来繁栄し、室町時代後半以降、伊勢神宮の御師が布教とともに各地に軽粉を持ち運び、伊勢白粉として全国に知られました。明治になるまで軽粉業は繁栄を極め、最盛期の室町末期には釜元が83軒もあったそうです。

射和の著名な豪商は国分家・竹川家以外に富山家・家城家・山本家・長井家・小野寺家などがあります。 国道のバイパスができたため両郡橋の交通量が少なくなり、古い街並みの界隈は静かにゆっくりと散策できます。