松阪市文化財センター

鈴の森公園~紫陽花~


松阪市の鈴の森公園は、大正12年から平成5年までのおよそ70年間操業していたカネボウ松阪工場跡地を利用して平成13年に開園しました。広い芝生のほか散策路が設けられ、草花が多く植えられ自然溢れる中でゆったりとした時間を楽しむことができます。

梅雨の季節にはたくさんの紫陽花が花を咲かせます。

朝日に輝く紫陽花がとてもきれいですね。

ちなみに、紫陽花は咲いたばかりのときから花の終わりまでに色の変化が見られます。また、植えられている土壌のpHによっても色が変わるそうです。そのため、花言葉が「移り気」「心変わり」なのでしょうか。一方で、「 一家だんらん」「家族の結びつき」を象徴する花でもあるという人もいます。
図書館や文化会館と隣接しているので、天気がいいと訪れる人が多いです。