名刹探訪

来迎寺

来迎寺は天台真盛宗に属し、永正年間の創建と伝え松ヶ島にありましたが、天正16年(1588)蒲生氏郷による松阪築城に伴い城下の白粉町に寺地を拝領して現在に至っています。
表門は、文政4年(1821)に竣工した一間鐘楼門で、大棟には瓦の鯱を挙がっており、一階が通路で、二階に掛かっている鐘は門より古く貞享元年の銘文があるものです。扉はケヤキの一枚板となっています。


本堂などは、享保元年(1716)の松坂大火で焼失しましたたが、程なく三井家などの尽力で再興されました。その費用は8700両にもなったといわれています。この再興された本堂は現在、国重要文化財に指定されており、境内には芭蕉の句碑もあります。
また、墓地には本居宣長次女・小津美濃夫婦や門人・小津信業夫婦の墓があり、近くには三井家の別荘「畑屋敷」もありました。檀家は三井家の他、安南貿易の角屋七郎兵衛一族や、豪商長井家であります。

本堂は、享保11年から再興にかかり同16年に完成した複合仏堂で、前後に並ぶ外陣(げじん)と内陣(ないじん)を合の間で繋いでいます。
前方の外陣は桁行(けたゆき)7間、梁間(はりま)4間、寄棟造、本瓦葺、前面に向拝(こうはい)3間をつけ、また後方の内陣は、身舎(もや)の周囲に裳層(もこし)を巡らした宝形造(ほうぎょうづくり)、本瓦葺の建物です。
身舎は方3間、阿弥陀、観音、勢至の三尊来迎像を配し、その背後の壁には二十五菩薩来迎図を描かれています。本堂は複雑な外観をもつとともに内部の空間構成は豪壮で意匠的にも優れており、江戸時代中期を代表する建造物です。

阿弥陀三尊の背後壁面に描かれた菩薩衆は、それぞれに楽器を奏でているお姿です。
とても躍動感にあふれている感じがしますね。

本堂には、昇竜の壁画が描かれていて、歴史と由緒を感じます。

春には境内の桜が満開を迎えます。