名刹探訪

愛宕山 上福院、龍泉寺

国道42号線(旧熊野街道)がすぐ横を通る、愛宕山 上福院 龍泉寺では毎年1月24日、25日に「初愛宕大祭」と「愛宕市」が行われ、寒い季節にもかかわらず多くの人が訪れにぎやわいます。
ここは 全国でも珍しい火の神様を祭ったお寺です。明治政府によって廃止されたはずの神仏習合が残っているのでしょうか。何事にも例外はつきもので、江戸文化が今後も継承されていくことはいいことでしょう。
火から除災のための「朱札」や「お札」、「お守り」を新しいものに取り換えたり、農具販売の愛宕市をのぞいたりとされて、冬の縁日を楽しんでいかれるご年輩の方が多いようです。

初愛宕といわれるこの縁日は、火防せ(ひぶせ)の霊験あらたかな竜泉寺で江戸時代から続いているもので、このお札を火の気のあるところに貼っておくと火事や災難がまぬがれると信じられています。
本尊の愛宕大権現は空海(弘法大師)が鎮護国家・万民快楽のために自刻したと伝えられています。今も神仏習合時代の名残のある寺で、江戸時代の龍泉寺は愛宕神社の別当寺でしたが、明治政府による神仏分離の際神殿を仏殿本堂として本尊をお祀りしました。このように、愛宕権現をお祀りすり寺院は全国に数社しかないようです。愛宕山龍泉寺は高野山真言宗の古刹です。
開創は聖武天皇(在位724-49)が行基に勅し、一志郡中郷村滝野川に一宇を建てたのが始まりと伝えています。その後、七堂伽藍建立し滝野川寺と称したようです。
伊勢国司の北畠家の厚い信仰を受けていましたが、戦国時代になり、織田信長の侵攻により松ヶ島の平尾に移され、龍川寺とされました。しかしその後、蒲生氏郷の松坂城と町づくりのため、現在の地へ建立されました。そして、1581年に正親町天皇の御綸旨を下し勅願所となり、「愛宕山 上福院 龍泉寺」と称する事になりました。
大祭は、火防安住、勝運隆盛、良縁招福の大祈祷を行います。本殿にて法要、境内にて山伏(三重修験道会)による紫灯護摩供養が行われます。信徒の人たちは、火防の赤札を参拝の証として近隣縁者に配る慣わしがあるようです。
愛宕権現は、愛宕山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神で、修験道の道場として信仰されていました。龍泉寺の本堂でも山伏姿の方が、朱札を授けてお唱えをしてくださいます。

夜になると、無病息災などを願い、火除けの護摩が焚かれた後、山伏姿の先達に続いて参詣者が火の上を歩く「火渡り」を行います。
今も神仏混淆時代の名残のある寺で、松阪霊地七福神の毘沙門天も祀られています。
ここの山門は、松阪で一番古い建物といわれていて、桃山時代の建造物かもしれません。お寺ですが、朱色の鳥居をくぐってお参りするのは、珍しいですね。
鳥居の横に山門がありますが、これは松阪の木造物で最古のものと言われています。  1588年の松坂城築城のため、不要となった松ヶ島城の裏門を蒲生氏郷が寄進したものと伝えられています。切妻造り、本瓦葺きの一間一戸の薬医門、剛壮で安土桃山時代の風格を残しています。県の重要文化財に指定されいます。