名刹探訪

弥勒院 善福寺


松阪駅近くにある、真言宗高野山金剛峰寺派の弥勒院善福寺は、毎年2月3日の節分に「星まつり」が開催されます。
これは、一年間の安全祈願・祈祷・古い人形や御札の炊き上げ、豆まき、餅まき、火渡り等が行なわれるお祭りです。
寺伝によれば、もともとは隣接する八雲神社(牛頭天王社)の別当寺だったということです。


山伏姿の修行僧により、祈祷や護摩供養が行われます。
密教では、願いをかなえるために祈るとき、護摩を焚いて神仏に祈るのが一番良いとされています。  護摩とは、焚く、焼くを意味して、インド・サンスクリット語のホーマ(homa)を音訳したものです。護摩の炎に添えられる護摩木に書かれることは、願い事であるとともに、煩悩でもあるといわれますので、この煩悩を焼き尽くし清めて、願い事の速やかな成就を祈る儀式でもあるようです。
星まつりについて・・・私たちの運命に影響を与える二つの星があります。一つは生まれた日に由来する「本命星(ほんみょうじょう)」もう一つは北斗七星に関係して当年の運期である「当年属星(とうねんぞくしょう)」です。この二つの星により、良い年、悪い年が巡ってきて、運気の大小強弱や可能性があるということです。これを供養することによって、すべとの人の運気と運期を転換させ幸福を招くという祀りです。
火渡りをして厄除け無病息災を祈願しますが、燃える木の上を歩いた人は、ぜんぜん熱くないと言います。信心が深いと辛い修行にも耐えられる力がわいてくるのでしょう。
最後は、厄年の人が一人「鬼は外、福は内」と豆を投げて、それからは、8人ほどが豆とお餅それにお菓子をどんどんまいて歓声が上がりました。また、ひろった袋の中に紙が入っていると自転車や砂糖、洗剤などと引き換えられます。