名刹探訪

常教寺


松阪市白粉町465番地にある「常教寺」は、浄土真宗高田派の寺院です。1671年に松阪市駅部田(まえのへた)町から移ってきたようです。


本堂の建立は1799年です。この本堂には、市指定の文化財「木造阿弥陀如来立像」が安置されています。
通肩で肉髻、地髪とも低く、螺髪はやや粗い。眉長く、わずかに開く玉眼の目尻は少し上がる。鼻はほそく、口は小さくまとまる。肩はなだらかで、胸が張り、腹の出は少ない。左肩から左腕や腹部、そして両脚間へ垂下する衣文には淀みがない。左肩前と右腹前に衣文のたたみがある。といった時代の好みを示しています。また、さし首で左手第三指先が欠けています。
もとは笹川町字只越の地蔵堂に安置されていましたが、明治末の廃寺の際個人蔵となり、常教寺に施入されました。