名刹探訪

岡寺山継松寺


松阪市中町にある岡寺さんは、聖武天皇42歳の厄年の際にここのご本尊如意輪観世音菩薩を宮中にお奉りし祈願した後、再び当山に安置したことから厄除け観音としてこの地域の厄年の参拝者が多く訪れます。
伝説によると、洪水によりお堂は流失した時、ご本尊を拾い上げた二見の漁師が弁財天のお告げを聞いて出家し継松法師となりお寺を再建したことから継松寺と名付けられるようになったようです。

ご本尊「如意輪観音」は、厄除観音として親しまれている日本最古の厄除霊場です。
弘法大師空海が継松寺に逗留した折、本尊の両脇に不動尊と毘沙門天を造り安置したと伝えられています。
毎年3月の最初の午の日の本日とその前後の日で3日間は、松阪に春を呼ぶ「初午大祭(はつうまたいさい)」が行われます。県内で厄除けをする最大の寺院ですので、たくさん方がお参りに来ますが、特に19歳の女性の振袖姿での参拝が目を引きます。
いつから始まったのか厄を落とすということでハンカチなど身に着けているものを置いて、振り返らずに外に出ると厄が落ちるといわれています。このハンカチ落しについて、お寺さんはおすすめしていませんが、毎年ハンカチを入れるかごがあり、もう溢れそうになっています。これを整理するのが大変なんでしょうね。
百数十店の露店が出てとてもにぎやかです。